2017年10月25日

いらっしゃい! いらっしゃい!!

10月25日水曜日は、1年で一番大切にしている取り組み「工作あそびフェスティバル」でした。学童クラブの時代は、班活動として全体で行っていましたが、あいキッズとなってからは、実行委員会形式をとり、2年生以上の希望者が実行委員となって、やりたいお店を自分たちで準備して当日のスタッフを務めます。目的は、「異学年のこども同士の交流/実行委員会形式での協力協働/達成感を培う/地域にあいキッズの活動を知ってもらう」です。今年のお店は、“的あて”“しゃてき”“ミサンガ”“バルーンアートやさん”で、2年生から6年生の総勢31人が実行委員になりました。1か月ほど前から、何度も実行委員会を重ね、学校に貼るポスターやお店の看板も協力して作成。

001.JPG
的あて

002.JPG
しゃてき

003.JPG
ミサンガ

004.JPG
バルーンアート

当日(残念ながら雨天で出店はすべて室内)は全員4時間の日で、この日が最後の全体実行委員会。お店のセッティングから自分たちで行い、準備万端!(のはず…) みんなでシュプレヒコールして心ひとつに、お客様を迎えます。最初のお客様は、陽光保育園のかもしか組の子どもたち。かわいいお客さんに、店員さんの顔もほころびます。

005.JPG
はい、並んでください。

006.JPG
受付はこちらです。

30分後には、小学生が大挙してやってきました。「いらっしゃい、いらっしゃい!」の声が響く中、どのお店もお客さんがいっぱい。店員みんなが一生けん命、お客さんの対応をします。楽しいけどてんやわんや。終わってみれば、なんと160名弱の参加者があったそうです。しかも、地域のおとなも何人か参加して一緒に楽しんでくれました。嬉しい悲鳴というのはこのことでしょうか。ちょっと疲れたけれど、やったなぁと嬉しそうな子どもたちの笑顔がまぶしい1日でした。

007.JPG
力いっぱい投げるぞ。

008.JPG
狙って、狙って

009.JPG
三つ編みって、結構むずかしいね。

010.JPG
剣を作りたい人はこっちだよ
posted by 陽光会 at 00:00| Comment(0) | あいキッズ

2017年10月05日

うさぎさんの日

10月4日水曜日は仲秋の名月、十五夜です。あいキッズでは季節を大切にしたいと、おやつに、近隣の和菓子屋さんにお願いし、月見団子を用意していただきました。お米だけでできた大ぶりの真白いお団子が月見団子の絵そのままに積み上げられていました。

せっかくなので、秋の七草とススキを入口に飾り、帰ってきた子どもたちに、「今日は何の日?」と聞くと、1年生から「うさぎさんの日」というカワイイ返事。帰りの会でも、お月さまにちなんだ絵本を読んで、おやつの時間には、ススキを1本ずつテーブルに飾りました。もうそれだけで、子どもたちは普段と違うテンション。大きなお団子を2つずつ。ひとりの子が言いました。「お米のにおいがする!」 まあなんて良い感性! 

子どもたちは、お店が用意してくださったみたらしのたれとあんこをつけながら、噛みごたえのありそうなお団子をムシャムシャ。「噛めば噛むほどおいしくなる」という声も! 秋の七草は学校でも学んでいるようで、名前を全部教えてくれた3年生の男子もいました。こういう季節の行事は大切にしたいとつくづく思いました。


171006_001.JPG
これが七草。全部言える人いるかな?

171006_002.JPG
まさに月見団子!

171006_003.JPG
あんことみたらしのたれ、見ているだけでおいしそう。

171006_004.JPG
むしゃむしゃ!

171006_005.JPG
一緒に食べるとうまいぜ!
posted by 陽光会 at 00:00| Comment(0) | あいキッズ