2021年02月25日

ただじゅん読み聞かせ

毎年12月末のお楽しみ会でおなじみのただじゅんさん。今年度は嬉しいことにもう一度あいキッズに来てくれました。今回はこども劇場いたばし主催の「異世代で楽しむ 紙芝居と絵本の読み聞かせ」(子どもゆめ基金助成活動)の講師としてです。主催がこども劇場さんなので準備から片付けまでスタッフの方がやってくれました。
このような状況下のため、会場はもちろん体育館。今回は学校からお借りしたマットが距離をとって配置され座る位置の印もつけられていました。

たださんの読み聞かせがあると聞きこどもたちの参加が多いこと。たださんはあっという間にこどもたちを引きつけます。

210225-00.JPG

最初に読んでくださったのは、「もちづきくん」 つかれたおもちが色々変わって行く楽しいお話。続いて紙芝居「おまんじゅうのすきなとのさま」 大きくなって行くおまんじゅうがいつ爆発するかスリリングなお話でこどもたちは大喜び。そのほかに「なんとかなると〜」といったラーメンがらみに言葉でこどもやおとなを励ます「ラーメンちゃん」といった絵本が登場。

210225-03.JPG

210225-05.JPG

210225-06.JPG

合間に手遊びもまじえながらただじゅんのほっこりワールドが広がります。そしてあれから10年。たださんは岩手出身です。途中で10年前の震災で泥水につかったものをきれいに洗い、舞台に飾っている帯を見せながら、たださんが定期的に東北に足を運び活動している話をしてくださいました。そういうお話も聞けたのはこどもたちだけでなくおとなにとっても貴重でした。

210225-07.JPG

最後にただじゅんおなじみの獅子舞の獅子頭の歯を鳴らして悪疫退散のおまじない。ただじゅんさんありがとう。ぜひまた読み聞かせに来て下さいね。

210225-08.JPG
posted by 陽光会 at 00:00| Comment(0) | あいキッズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: