2021年05月26日

2021(令和3)年度が始まりました。

2021(令和3)年度が始まりました。色調豊かな緑から、みなぎる生命力を感じる頃となりました。今年度の始まりは、季節が早まっているようで、季節感を感じることができにくい日にちがありました。子どもたちは、天候のよい日には戸外で身体を動かして、活動的に遊んでいます。

ここからは、春の日の子どもたちの様子を紹介いたします。

0歳児めだか組。椅子に座れて食べられたたよ。テラスへ出られたよ。
210526-01.jpg
210526-02.jpg
入園して4月のとある日 緊張もほぐれてきて、のびのびと生活が送れるようになってきました。

4月のとある日常。
1歳児かに組。 みんなでハイポーズ。ご飯もおいしくいただきます!
210526-03.jpg
進級のお友だちも、新入のお友だちも、保育園の新しい部屋や生活にも徐々に慣れてきました。穏やかな天候の下、みんなで一緒に記念写真。
210526-04.jpg
210526-05.jpg
みんなで一緒のテーブルに座り、ご飯もおいしく食べられるようになってきています。

5歳児くじら組。ポップコーンの種まきをしました。
210526-06.jpg
210526-07.jpg
210526-08.jpg
用務の先生から種まきの仕方を教えてもらい、園庭にある畑へ、みんなで種をまきました。育って大きくなり、収穫するのがとっても楽しみです。
210526-09.jpg
こいのぼりを制作し、みんなで飾りました。くじら組のみんなで染める色を考えて、三匹のこいのぼりを作りました。
posted by 陽光会 at 15:39| Comment(0) | 桜台第二保育園

2021年03月13日

2020年度卒園記念写真

3月に23人の子ども達が卒園しました。子ども達と「モチモチの木」の壁画を製作しました。

『主人公の豆太はとってもよわむし。大好きなおじいさんのために勇気を持って行動した豆太におじいさんが、「じぶんで じぶんを よわむしなんておもうな。にんげん、やさしささえあれば、やらなきゃならねぇことはきっとやるもんだ。』

この言葉がぐじら組の子ともたちにも伝わり、大好きな絵本になりました。

そして、この「モチモチの木」の様に、根をはり幹を太らせ葉を茂らせ、たくさんの花を咲かせ、実がみのり成長し、巣立っていってほしいという担任の願いをこめました。 今、23人の子ども達は、コロナ禍の中、元気に小学校に通っているとのことです。
20210313-01.jpg
2020年度卒園記念写真
posted by 陽光会 at 00:00| Comment(0) | 桜台第二保育園

2016年06月08日

かっぱご飯

 今日は、おたのしみ献立の日で、メニューは『かえるご飯』でした。
 ところが!! 昨日、給食室にかっぱから手紙が届きました。

 手紙には、
「この前、とびうおぐみとくじらぐみのお友達からきゅうりをもらったんだ。とってもうれしくて、お礼をしたい。だから、給食で『かっぱご飯』作ってくれ!」
 と、書いてありました。

 給食室で相談をして、かっぱのねがいを叶えてあげようと、今日は、とびうおぐみとくじらぐみは『かっぱご飯』を作ることにしました。
 
 今日、こども達のところにかっぱからの手紙が届き、かっぱ話で盛り上がり、お昼の時間となりました。

 配膳が始まると、みんな「ワァ〜、かっぱだ〜!」と大喜びでした。かっぱから給食室にも手紙が届いたことを伝えるとみんな目を輝かせていました。

「かわいい〜」「怖いけど、おいしそう!」「かっぱだよ〜」など、色々な声がでて、よく食べていました。 

 かっぱご飯、みんなに好評で良かったです。

16060801.jpg
posted by 陽光会 at 09:43| Comment(0) | 桜台第二保育園