2019年11月01日

くるくる風車

11月1日金曜日は、板橋第十小学校の誕生日、開校記念日であいキッズは1日利用日。そこで、せっかくならのんびり工作しようと、型通りに切り抜かれた色紙と綿棒半分とストロー製の風車を図書室で作りました。

星と花の2種類の風車に丸いシールでデコレーション。思い思いのマイ風車の完成です。このかわいらしい風車のすごさは、ただ歩くだけでくるくるよく回ること。出来上がった風車を手に足早に帰ってきた子どもたちがとてもうれしそうでした。

この日の夕方は、体育館でバスケットボールとドッジボールもできて充実した1日でした。

191101-01.JPG

191101-02.JPG

191101-03.JPG
posted by 陽光会 at 00:00| Comment(0) | あいキッズ

2019年10月01日

もう行っちゃうの?

 10月1日都民の日、小学校がお休みで朝から開設することを踏まえ、毎年恒例の陽光保育園との2歳児交流が行われました。

 今年の参加者は3年生から5年生の10人。昨年に続き参加した4年生に加え陽光保育園出身の3年生が早々と参加を表明。当日、陽光卒園児は、久しぶりに先生や知ってる幼児たちに会えて大喜び。去年から来ているお姉さんお兄さんはさすがベテラン。こどもたちの接し方が上手なこと。最初に自己紹介がてら、「パプリカ」をみんなで歌いました。

 最初は緊張ぎみでしたが、「園庭の砂場で遊ぶよ」と声がかかると、おとなの指示がなくても、あっという間に2歳児と和気あいあいの雰囲気であそび始めました。砂遊びのあとは、いつものようにシャワーを浴びてお着替えタイム。自然に手分けして、汚れものを洗う子、シャワー浴びを手伝う子、着替えを手伝う子と本当に立派なちびっこ保育士。小さな子どもたちを気遣う様子に、付き添った職員も担当の保育士さんも感動です。

 その後はランチタイム。各自もってきたお弁当を砂遊びで仲良くなった二歳児のそばに持って行き一緒に食べ始めると、きらいなものが進まない目の前の二歳児に、スプーンで「あ〜ん」とお手伝いする姿まで。時間がゆったり流れて行きます。

 そんな楽しい時間ももう終わり。お別れの時間には、「もう行っちゃうの?」と涙ぐむ2歳児もいて、みんな本当に名残り惜しそうでした。毎年のことながら、こういう時間は、あいキッズの子にとっても2歳児の子にとっても、生涯に残る貴重な宝物だと思います。

191009_0000.jpg
いざ出陣!…ご挨拶して、歌を歌うよ

191009_0001.jpg
2歳児はお遊戯でご挨拶。

191009_0002.jpg
わーい! 砂場あそび!

191009_0003.jpg
どろんこは楽しい!

191009_0004.jpg
お着替えのお手伝い

191009_0005.jpg
ほら、こうするんだよ

191009_0006.jpg
みんなでお昼ごはん

191009_0007.jpg
はい「あ〜ん」
posted by 陽光会 at 00:00| Comment(0) | あいキッズ

2019年09月02日

夏休みの思い出 PART2

お盆休みが終わり、家族で行った旅行の話を嬉しそうにする子どもたち。楽しい夏休みも残り2週間ほど。8月22日木曜日には、体育館で板二中のダンス部によるダンス発表が行われました。総勢20名のダンスは迫力満点で子どもたちは釘づけ。メンバーの中には第十小の卒業生もちらほら。ただダンスを見るだけでなく、終盤にダンスのレクチャータイムがあり、丁寧に振り付けを教えてくれました。そして最後には子どもたちと職員で円になり、みんな一緒ににダンス! 楽しさ倍増でしたよ。

191010_01.jpg

191010_02.jpg

191010_03.jpg

191010_04.jpg

8月27日火曜日には毎年恒例のにじいろ♪ぽっけさんによる「ちょっと怖〜いお話会」 もちろん人気のイベント、始まりを待つ列の長いこと。図書室を真っ暗にし、スクリーンに映し出される絵本の画像と効果音だけでも怖〜い怖〜い! 

191010_05.jpg

191010_06.jpg

今年のプログラムは…。

(1) 「いちにちじごく」
色々な地獄を紹介するお話。終わったあとには皆にえんまちょうアンケート。

191010_07.JPG

191010_08.jpg

(2)「あぶないドライブ」
よくあるドライブ中に女性の幽霊が登場する話ですが、さすがにじいろ♪ぽっけさん。ここでリアルな貞子もどきが出現! 会場に響きわたる悲鳴!! 作り手側はしめしめの瞬間でした。

191010_09.JPG

191010_10.JPG

191010_11.JPG

(3)ゲームコーナー 「おばけしりとり」
おばけの名前をしりとりして次々に出していくゲームに盛り上げる盛り上がる!

(4)クライマックスは、古典「耳なし芳一」の語り聞かせ。
通常は高学年向けの題材で、長いストーリーの初挑戦でしたが、読み手の顏に映し出されるお経やちぎり取られた耳が飛ぶといった演出が見事で、子どもたち全員が、怖くて、でもとても切ないこの物語にシーンと聞き入っていました。

191010_12.JPG

191010_13.JPG

191010_14.JPG

最後に「いちにちじごく」の絵本の付録“えんまちょう”を希望者にプレゼント。ここに書かれているアンケートにして、その数で地獄へ行くか行かないか判断がつくというもの。持って帰った子の一人が、後日、家族全員で調査したと教えてくれました。

さあ来年の夏はどんな思い出が作れるでしょうか?

191010_15.jpg
posted by 陽光会 at 00:01| Comment(0) | あいキッズ