2018年07月07日

雲の上のお星さま

今年も板橋第十小学校では、いつものように絵具を溶いた水で和紙を色染めし、七夕用の短冊を作りました。梅雨の真っ最中、運良く1日だけピッカピカのお天気。なんてラッキーなのでしょ! 初めての色染めに1年生は大喜び。干された大量の和紙が圧巻です。
180709-0001.JPG
紙を折って色水につけて

180709-0002.JPG
庭が色染めキッズで大にぎわい

180709-0003.JPG
干すのだって自分でやるよ。

180709-0004.JPG
風に揺られて涼しそう。

7月6,7日はせっかくの七夕なのにあいにくのお天気。厚い雲に隠れた星々ですが、心の中には満点の星。それぞれの願いごとが書かれた短冊が笹を彩ります。

180709-0006.JPG
笹にはためく無数のお願い短冊。

いくつか紹介しましょう。こどもたちの願いはどれも微笑ましく、読んでいるとほっこりします。お星さま、お星さま、おとなもこどもも、どうか願いが叶いますように。

 180709-0007.JPG
保護者の願いはいずこも同じ。

1531110652.jpg
なんと、こんなお茶目な短冊も!

1531110690.jpg

180709-0015.JPG
そして、おやつはもちろんこれ!
posted by 陽光会 at 00:00| Comment(0) | あいキッズ

2018年05月30日

ぴっかぴかの一年生 笑顔もぴっかぴか

 今年も4月1日からぴっかぴかの1年生があいキッズに入って来ました。入学式前ということで始めはドキドキだった1年生も、5月の連休を過ぎると半人前くらいのあいキッズ児になります。この時期毎年、第十小あいキッズでは「新入生歓迎会」を行っています。今年ももちろん、おなじみの地域の読み聞かせグループ「にじいろ♪ぽっけ」の皆さんが登場。
 5月30日水曜日、1年生だけでなく上の学年も参加して、70人を超える子どもたちで図書室は満員。

 まずは手話でご挨拶。子どもたちはマネが大好き。一緒に手話で「こんにちは にじいろ♪ぽっけです」 

180531_01.JPG
にじいろ♪ぽっけの皆さん

 さあ始まり始まり…演目は:

1.絵本『ほんとはスイカ』
メンバーが動かすプレサーブを交えながら、ナンセンスなお話に子ども達は大笑い。つかみはばっちりです。
180531_02.JPG
スを落っことしたスイカはイカ!

2.絵本『かばくんのクレヨン』より、『かばくんのわすれもの』
 主人公のカバくんも1年生。かばくんが持っている描いた物が本物になるクレヨンは、みんなも欲しそうでした。

3.絵本『さかさのこうもりくんとてんこもり』
 このお話に出てくるてんこもり小学校の生徒はさかさのこうもりたち。だから話す言葉は全部あべこべ。たとえば、「足の匂いは?」は「いい匂い」 そんな言葉遊びで大笑いしてる子どもたちに、すかさず「きみたちもてんこもり小学校の生徒になって、あべこべ言葉に挑戦!」と言うとなんと、まだまだ真面目な1年生。そんな悪い言葉は「やらない!」という子もいてびっくり。 とても新鮮な反応でした。

180530_02A.JPG
そんな言葉は×! やだよー!!

 このお話の途中から物語に登場する旗体操ゲーム(すべてあべこべ、おとなにとっても難問) をやりました。いわゆる「右あげて、左あげて」のあれです。途中からやりたい子も前に出て参加。ただ言われてやるだけでなく、指示するほうもやってくれました。続いて手旗信号クイズ。何度か繰り返すうちに、子ども達は気づきました。答えは「おめでとう!」 
 その後は、板十小学校にちなんだクイズとあいキッズ職員に関するクイズで大盛り上がり。子どもたちはおとなよりずっと、学校のことについて物知りでした。

180531_03.JPG
さあ、みんなも一緒に!

180531_04.JPG
今度はぼくが、あたしがやる番! スタッフもね!!

5.大型絵本『ちゅーちゅー』
 最初はネコをだまそうとするネズミの笑える話かと思ったら、最後はちょっと切なくてほっこり。子どもたちもじーっと耳を傾けていました。物語で「ちゅーちゅー」の意味は「大好き」 だから最後に手話で「大好き」を覚えて、それぞれに「ちゅーちゅー」

180531_04.JPG
いたずら子ネズミ3匹とちょっと間抜けなネコ

 今回のテーマは「ことば」  笑って心が温かくなる時間をみんなで過ごせました。


180531_06.JPG

クイズの正解者がもらったメダルは、あとで作り方を教わったよ。

180531_07.JPG
今回のプレゼントはフェルトのネームタグ。
posted by 陽光会 at 15:43| Comment(0) | あいキッズ

2018年02月28日

ポーランドってどんな国?

 2月28日水曜日、国際理解教育の外国人講師ボランティアとして、板橋在住のポーランド人女性ディアナ・エミリア・モトハシさんが、あいキッズに来て下さいました。子どもたちは興味津々。スクリーンに映し出されたポーランドの街の風景や自然を見ながら、ポーランドの様々なことを教えてもらいました。

 特に地下に広がるヴィエリチカ岩塩抗の中にある塩の教会の写真では、それが塩で出来ていると聞いて、みんなびっくり。「わおっ!」という声が! また、ポーランドはEUに加盟していますが、通貨はユーロではないそうで、ディアナさんがお札とコインを見せてくれた時にも、目をきらきらさせながら見ていました。

 ほかにもポーランドの焼き物が写った絵葉書や絵本「UNDER SEA/UNDER EARTH」や人気のボードゲームを見せてもらいました。もちろん、ポーランド語での挨拶も。最初にディアナさんが発音してから、みんな声を合わせて繰り返しました。「こんにちは」は「ジンドブリィ」、「さようなら」は「ドヴィゼーニャ」等々。楽しい1時間はあっという間にすぎ、お別れの時間。最後にみんなでポーランド語で「ありがとう」と言ってご挨拶。「ジンクィエ!!」 そしておやつの「いただきます」もポーランド語で、「スナチネゴ!!」

190301_0001.JPG
講師のディアナさん

190301_0002.JPG
「ほら見て、ポーランドのお札だよ」

190301_0003.JPG
ポーランドの食器、きれいだね。

190301_0004.JPG
一冊で海の中と地球の中がわかる絵本

190301_0005.JPG
ボードゲームも盛んなんだって!
posted by 陽光会 at 00:00| Comment(0) | あいキッズ