2019年12月24日

ただじゅんとせきあっしがやってきた!

12月24日金曜日、毎年恒例のただじゅん企画のお楽しみ会が開かれました。今回はただじゅんさんと群馬県の芸人せきあっしさんのスペシャルコラボです。

前半はおなじみのただじゅんさんの太鼓と三味線で語られる秋田の昔話「のんべいの頭の柿の木」。頭にはえた柿の木の柿を売って商売している酒飲みのんべいとそれを嫉妬するどんべいの話です。そしてただじゅんの出番のラストはもちろん獅子舞。保育園なら、お獅子の登場で泣き出す子がいるのですが、ここはあいキッズ。福を呼ぶお獅子に頭をかんで欲しい子だらけ。我さきに「かんでくれ」と手をあげ子どもたちが前に集まりました。

後半は、テレビにも出演しているこどもむけエンターテイナーのせきあっしさん。地元群馬ではめちゃくちゃ有名な芸人さんです。持ちネタはなんと“人間紙芝居”。 彼が登場するだけでこどもたちは笑い始め、全身緑タイツになってからは大騒ぎ。次々飛び出すナンセンスなネタに騒ぎがエスカレート。こどもがこんなに大騒ぎしても良いなんて(参加したおとなもゲラゲラ)、本当に素敵なパフォーマンスです。

さんざん笑ったあとには、オマケの工作ワークショップです。あっしさんのネタである顔出し画用紙にこどもたちが好きな絵を描いてゆきます。こどものアイデアは無限です。生の舞台を観るのは、息の吸うことと同じ。吸ったものは当然吐き出したくなるもの。イマジネーション豊かな絵を描いているこどもたちの顔が輝いていました。

しかも、自然発生的に始まったサイン会。こどもたちは、自分の描いた顔出し画用紙にサインをもらい満足満足。ただじゅんさん、せきあっしさん、ありがとうございました。来年はどんな出会いがあるか楽しみですね。

191224-01.JPG

191224-02.JPG

191224-03.JPG

191224-04-02.JPG

191224-05.JPG

191224-06.JPG

191224-07.JPG

191224-08.JPG

191224-09.JPG

191224-10.JPG
posted by 陽光会 at 00:00| Comment(0) | あいキッズ

えっ!!?保育園にもサンタが!?

クリスマス当日の夕方、きりんぐみ(年長児)が廊下に飾ってあるクリスマスツリーを片付けに行くと……ん?何やら見慣れないものがあるのを発見! よく見ると、それはプレゼント!!?

「ほいくえんにもサンタが来たんだ!」と興奮気味の子どもたち。「なんで窓しまってるのに入ってこれたんだろう?」「どこから入ったの!?」と嬉しくてたまらない様子でした。中には、廊下に貼ってあるサンタの絵を見て「あっ!もしかしてここから飛んで来たんじゃない!?」と言っている子もいました。

今か今かと開けるのを楽しみにしていた子どもたちが、ツリーを片付けてから気になっていたプレゼントの中身を確認!そこにはなんと紙芝居がたくさん!!一つひとつにマークが付いていて「あ!もしかしてこれひよこぐみのじゃない??」といち早く気づき、各クラスにもあるんだとさらに気分が上がっていました!

そして、「よし!渡しに行こう!!」と各クラスを回り、まるで自分たちがプレゼントしたかのように得意気な表情で配っていました(笑)思いもよらぬサプライズに、きりんぐみだけでなく3,4歳児の子も乳児の子もみーんながハッピーな気持ちになっていました♪サンタさんありがとーーう☆
191224_image2.jpg

191224_image1.jpg

191224_image6.jpg

191224_image5.jpg

191224_image4.jpg

191224_image3.jpg
posted by 陽光会 at 00:00| Comment(0) | 北町保育園

2019年12月16日

ベトナムってどんな国

12月16日月曜日、国際理解教育イベントが行われました。一昨年はポーランドについてでしたが、昨年は希望が実現できなかったので2年ぶりです。

今回の講師は来日5年目でベトナムのホーチミン市出身の女性グェン・トゥ・ハーさんです。登場した優しげなグェンさんが最初に教えてくれたのは、ベトナム語の挨拶「シンチャオ(xin chao)」 この挨拶は朝でも昼でも夜でも使える英語のハローのような言葉だそうです。そこでみんなで声をそろえて「シンチャオ」とご挨拶。それからベトナムの民族衣装アオザイや、フォー、生春巻き、ブンチャといった美味しそうな食べ物を紹介してくれました。

続いてはベトナムの小学生のお話。グェンさんによれば、ベトナムの小学校の新学期は9月からで生徒は、朝7時か夕方5時まで学校にいるそうです。そう聞いてみんなびっくり。最初に掃除をやり、7時半から授業開始。ランチタイムのあとにはお昼寝時間もあるとか。やっと合点が行きました。

また小学校は5年生までで1学年30人から40人のクラスが15もあり、制服を着て登校するそうです。制服があると聞いて、こどもたちから質問が飛びました。「いくつ持ってるの?」 きっと洗濯の心配をしたのでしょう。グェンさんによれば「3着」とのこと。3着あればお洗濯できますね。

こどもたちからの質問も落ち着いたところで、グェンさんが、ベトナムの小学校で人気の“ジェスチャー・ゲーム”をやりましょうと提案。お題に書かれた紙をジェスチャーで表現し、みんなに当ててもらうあのゲームです。やりたいと手をあげても前に出ると照れてしまうこどもたちに、あいキッズのスタッフが助け船。お題が当たり拍手をもらって嬉しそうに元の場所に戻って行く姿が微笑ましいこと。

最後に「ありがとう」のベトナム語を教えてもらいました。グェンさんが言う通り、発音はかなり難しいのですが、カタカナでむりくり書くと「カァ〜ムオォーン」 みんなで声をそろえて、グェンさんにベトナム語でお礼を言って終了。来年度もまたできるといいな。

191216-01.JPG

191216-02.JPG

191216-03.JPG

191216-04.JPG

191216-05.JPG

191216-06.JPG
posted by 陽光会 at 00:00| Comment(0) | あいキッズ